有名な出会い系サイトを使う理由〜割り切り方法

知名度が高い出会い系サイトを使う理由。

割り切りの出会いでは、知名度が高い出会い系サイトを使ったほうが断然有利です。なぜなら、素人の会員比率が非常に高いことと、サイトにログインしているアクティブユーザーの数が無名のサイトよりもはるかに多いのが原因です。

 

大手の有名な出会い系サイトは、男性会員にポイントを購入してもらう課金制なので、有名な雑誌等に多額な広告費を投じることができる。その結果、利用者が多くなるので、無名の出会い系サイトよりも、実際に、本物のユーザー同士が交流できる機会が多い。

 

女性は有名・安全・安心を何より重視

割り切りを希望している女性達が利用しているサイトは、大手の有名な出会い系サイトが大半を占める。なぜなら、女性は、大半の出会い系サイトが完全無料で利用できるからです。したがって、男性が喜ぶような穴場的な無料サイトを利用するメリットが何一つないのです。

 

割り切りを希望している女性が出会い系サイトに期待しているのは、金払いの良い優良な男性客の集客力に注目しています。男性からたくさんのメールを貰って、一番良い条件を出してくれる男性との出会いを期待しています。だから、集客力がある出会い系サイトを使わなくては商売にならない。

 

ハッキリ言って、金払いが悪いケチな男性に用はないと考えていると言って良い。。それくらいの気持ちを割り切って利用しているのが、文字通りの割り切り女性です。

 

普通の女性は聞いたこともないような、弱小サイトへの登録を警戒します。女性は、有名、安心、安全を何より重視しています。特に割り切りを希望する女性は男性の集約力を第一に考えている。だから、PCマックス、ハッピーメール、ワクワクメールなど、広告宣伝費を湯水のように使っている、知名度が高い大手の出会い系サイトを利用しているのが厳然とした事実。

 

割り切りで失敗するよくあるパターン

よくありがちな割り切りの失敗例に、男性がタダマンを期待して、出会い系サイトを活用することです。悪質な業者であればある程、男性側にとって都合の良い材料を用意して勧誘します。「逆援希望」「直アドレスで連絡取り合いませんか?」などが代表的な例です。実際、このような希望をしている女性は業者が捏造したサクラの女性です。タダマンを期待して、ホイホイと相手の口車に乗って勧誘される男性は、悪質業者の罠にハマります。その結果、法外な料金を請求されたり、スパムメールがウジャウジャと届くハメになる。不快な想いをして、出会い系サイトは出会えないなどと愚痴をこぼすのは、典型的な出会い系サイトの負け犬のパターンです。

 

残念ながら、日本でまともに使える出会い系サイトは非常に少ないのが現状です。優良で完全無料の出会い系サイトをネットで検索してもアフィリエイト目的のステマサイトが大半を占めます。完全無料の出会い系サイトを5〜6サイトくらい登録して、実際に利用すると即座に理解することができるでしょう。登録直後に、あり得ないようなスパムメール(女性からの勧誘)が届く出会い系サイトは100%出会えない系のサイトです。

 

出会えるサイトと出会えないサイトの2極化

出会い系サイトの業界は勝ち組と負け組がクッキリと別れて定着しています。出会い系創成期である12〜13年程前から運営して、サクラを使いながら、現在の大手に育てた有名な出会い系サイトの独壇場だと言って良い。それ以外の弱小サイトは、小さな集客力でサクラシステムを使って、広告宣伝費をペイできる程度に運営しているのが現状である。

 

資金力のない出会い系サイトは、サクラ会員や甘いキャッチコピーやスパムメールで必死になって会員を集客しているが、そもそも出会えないサイトなので、新規会員が次から次へと離脱する。だから、また騙して集客すると言った負のスパイラルに陥っている。

 

まとめ

たくさんの割り切り案件から、自分が希望する女性との出会いをしたい男性は、穴場の弱小サイトを探すよりも、大手の出会い系サイトを利用した方が手っ取り早い。お住まいの地域で探せる割り切りの案件数に圧倒的な違いがあるからです、。更に言うならば、複数の大手出会い系サイトに登録して定期的にチェックをすることで、滅多にお目にかかれない優良案件にも出会えます。だから、知名度が高い出会い系サイトを使った方が費用対効果が高いのです。

 

渋谷でカフェを運営するPCマックス

PCマックスは、渋谷や秋葉原の一等地に期間限定でラブカフェなどを運営して、出会い系サイトのイメージ化戦略を図っている。日本の主要都市でPCマックスの名前くらいは聞いたことがあるのでは?

PCMAXのラブカフェ